パート分け/パート割り/歌割りの英語はcolor codedで解決

Pocket

音楽の動画などを検索するときに、パート分けがわかる動画を調べたいときってありますよね。たとえば複数の歌い手やキャラクターが歌っている場合などに知りたい方は多いでしょう。このパート分け、パート割り、歌割りの英語として、便利なcolor codedという熟語を使うことを紹介します。

応援ありがとうございます

「パート分け」を直訳すると

パートわけをグーグル翻訳などで直訳すると、「part division」などという風に出るようです。

しかしながら、これでYoutube検索をしても、うまく結果が出ないことが多いです。

「(パートわけが知りたい曲名) part division」と検索しても、思ったような結果は出ません。

邦楽では「パートわけ」で出ることも

邦楽では、

「(パートわけが知りたい曲名) パート分け」や、

「(パートわけが知りたい曲名) パート割り」

で、それぞれのパート分けの区別も示してくれる動画が出ることも多いです。

color coded で検索してみる

このcolor coded という言葉を使うと、一発でパートわけが出ることが多いです。邦楽でも洋楽でも、両方使えます。

洋楽では、

「(パートわけが知りたい曲名) color coded」で検索すると出ます。

邦楽では、

「(パートわけが知りたい曲名のローマ字表記) color coded」で検索すると出ます。

color codedの由来は?

color codedという表現が音楽ではいつから使われているのかは不明ですが、由来がなんらかのカラーコードであることは明確です。直訳ではカラーコード化された、という意味になるでしょう。

昔から、カラーコードを定めて運用することで、情報や意図を伝えるということは有効な方法でした。電気抵抗や標識などが典型ですね。

音楽の場合、キャラクターのイメージカラーなどを当てはめて、それらをさしたのが始まりかもしれませんね。

まとめ

英語で歌のパートわけを検索するときは、「color coded」という熟語を使ってみてください。楽しい音楽動画ライフを!

おすすめ