【2024】Youtube区間リピート/ABリピート再生する方法2つ!サイトや拡張機能

動画
Pocket

Youtubeで、たまに指定した区間だけループ再生したいという時があると思います。これは区間リピートやABリピートなどと呼ばれます。区間リピート再生をする方法を2つ紹介します。サイトや拡張機能のほか、なにもなくてもできる方法も紹介します。

\閲覧ありがとうございます!当サイトではリンク広告を利用しています/

YouTube区間リピート再生するサイト

区間リピートをしてくれるサイトも存在します。

こちらのサイトがそうです。

YouTubeルーパー: 指定した部分をループ再生(区間リピート) | Life Wiz
YouTubeの動画の始まりと終わりの時間を指定して、その間をループ再生(区間リピート/ABリピート)させるツールです。スマホ(iPhone/Android)、PCでお使いいただけます。

サイトの使い方は、URLをいれて、開始と終了時刻を記入します。

記入しなくても、ここだというところで「NOW」を押すと、開始と終了点が記入されます。

コーディングは必要ないので、気楽につかえますね。タイミングを合わせて押せば記入されるのは、かなり楽です。

YouTube区間リピート再生する拡張機能

区間リピートを頻繁に使うときは、拡張機能を使うと便利です。一度インストールしてしまえばYouTubeの画面だけで操作ができます。

例えば、以下の区間リピート用拡張機能があげられます。

Looper for YouTube
YouTubeの動画が、ワンクリックでループ再生可能に。ループ回数の指定や部分再生も可能。

これはオンにすると、動画のしたに「Loop」というボタンが出るので、それをオンにします。

その後シークバーで開始点と終了点を調整して、チェックを入れると区間リピートが実行されます。

また、ループの回数を変更することもできます。ループの回数が終わると、開始点に戻ったところで一時停止します。

YouTube区間リピート再生をURLで実現

実は、この拡張機能を入れてオンにしていればいればURLに追加するだけで区間リピートを実現する方法も使えます。

URLに以下のようなコードがつけ足されることに気が付くと思います。

&loop=0&start=00:10&end=01:10

コードはループの横に回数(ゼロは無制限)、:の横に開始と終了時刻がいれられています。

なので、このURLの部分を変更してエンターキーを押すと、ループ回数や開始点、終了点を変更できます。

ただ、結局拡張機能画面で調整もできるので、そんなに使える技ではないかもしれません。

なお、拡張機能なしでURLにコードを入れても、何も起こりません。

まとめ

  • Youtubeで区間リピートを実装するには、サイトを使う方法や拡張機能を使う方法がある。
  • 何度も使う時は拡張機能を使うのが楽。URLで調整もできる。

不鮮明な映像を繰り返し見たいときに便利です。ほかにはダンスや語学の勉強にも使えますね。

\閲覧ありがとうございます!当サイトではリンク広告を利用しています/
動画