給付金2回目を自分で入手する方法まとめ

お役立ち
Pocket

依然として厳しい経済状況が継続しています。2回目の給付金も、支給される予定は今のところ立ってはいません。この記事では、申請などの簡単な手続きなどで自分で給付金(とみなせる臨時の副収入)を入手する方法を解説します。自身の生活のために役立てていただければと思います。

※以下では、公式サイトへのリンクなどは紹介していますが、広告リンクは貼っておりません。また、成果条件が決まっているものに限り、抽選などの運の要素があるものは含んでいません。

応援ありがとうございます

セルフバック

もっとも簡単で確実な方法です。アフィリエイトの一種であるセルフバックというサービスを使うと、自分でサービスに申し込んだ報酬として、臨時の給付金が手に入れられます。

クレジットカードをつくる

もっともポピュラーなのはクレジットカードを作ることです。この方法では、クレジットカードの作成を申請するためにネット上で情報を入力するだけで作れます。

上の画像はアフィリエイト提供サービスの大手であるA8.netのセルフバックからとってきたものです。年会費永年無料のカードを作るだけでも、5万~10万程度は臨時の給付金として活用できます。

セルフバック含めアフィリエイトは1、2か月後に収益が振り込まれる場合が多いです。ただし条件を満たせば、即時報酬ゲットも可能であるようです。

FX・株などの口座開設

おなじくセルフバックの一種として、FXや株のサービスの口座開設があります。こちらも、ネット上に情報を入力して口座を開設するだけ、あるいは1回のみ取引をするものが多いです。

取引自体は、セルフバックの条件を満たすだけですので、取引開始して、すぐに決済という形だけ取れば値動きによる影響はほぼでないでしょう。

上の画像はおなじくA8.netからとってきたものです。こちらも、合計で数万~5万円前後は臨時の給付金として活用できます。

ポイント獲得

こちらも手軽な方法です。ただし収入としてはポイントという形にはなりますが、すぐにたまって使えるのが強みではあります。

楽天市場 カード利用など

楽天市場では、楽天会員の登録、楽天のカードの作成や最初の買い物、あるいは各サービスの初回利用などでポイントを多く貯めることができます。たまったポイントは、1ポイント=1円として使えます。

楽天市場はアマゾンに比べてポイント倍率が増えやすいのでポイントがたまりやすいという特徴があります。

こちらの方法でも数千~1万ポイントくらいはすぐに貯めることができます。

アマゾン マスターカード

アマゾンでは、マスターカードの制作でポイントを貯めることができます。たまったポイントは、1ポイント=1円として使えます。

なお、マスターカードは以前は不正使用などの騒ぎがあったようですが、そうしたレビューは2018年前後のものが多いので、さすがに今日では対応されている模様です。

マスターカードでアマゾン内で検索すれば上のように出てきます。

製作した次の日には1万ポイントたまります。

FX口座開設・取引

セルフバックのところで紹介したものとほぼ同じですが、こちらはそれぞれのFX会社が独自に行って理うキャンペーンです。取引通貨量に応じて、キャッシュバックがされるというものが多いです。こちらはすでにある程度の貯蓄がある人でないと難しいかもしれないというデメリットはあります。

中には上のように、口座解説とアプリログインなどで数千円ですが取引なしで給付が得られるものもあります。

協力者がいればもっと増やせる

ここまでの合計をまとめるとおおよそ以下のようになります。

セルフバック10万~15万
ポイント1万~2万
口座開設数千~数万
合計およそ11万~20万

このように、定額給付金と同等以上の臨時収入を作ることができます。

家族や、友人、知り合いなどの協力者がいれば、それぞれの個人が申し込むことも多くの場合で可能ですので、以上で紹介した方法を共同で行うことで、臨時収入の額も2倍、3倍・・・と増やすことができます。

2回目の特別定額給付金はある?

現状では2回目の給付金は発表されていませんが、都議選などの議席減などを受けて、2回目の給付金などの経済政策が検討される余地が出てきました。

今後、選挙前の支持率アップをみこんで、あるいは、選挙の公約として提示される可能性があります。また、各国の政府はほぼ当然のように毎月給付金を配っているという国際情勢もあります。そうすると給付金の2回目が配られる確率は高まると言えるでしょう。

まとめ

疑似的に給付金を手に入れる方法を解説しました。読者の方の生活や命をつなぐための、その一助となることができれば幸いです。

おすすめ