キーボードに水をこぼした!違う文字が出る時の対処法3つ!

お役立ち
Pocket

水を飲みながらパソコンで作業しているときに、水をキーボードにこぼしてしまう経験は誰しもあるかもしれません。キーボードに水をこぼしてしまうと、キーを押しても正しく入力されない、違う文字が出るといった被害がでることがあります。しかし、水をこぼしても、十分な対処法はあります。

応援ありがとうございます

水分の拭きかた

まずはキーボードをきちんと吹いて水分を取り除きましょう。キーボードを裏返してタオルの上などに置いて、水分を吸収させるのが効果的のようです。

対処法3つ

スクリーンキーボードを使う

キーボードが壊れてしまったときの定番と言えばこれです。マウスクリックで、手元のキーボードと同じようにつかえます。

コントロールパネル>コンピュータの簡単操作>スクリーンキーボードを使用する

の順番で出すことができます。

新しい外部キーボードをつなぐ

ノートパソコンでも、外部キーボードをUSBでつなぐと使用ができます。

ドライバの準備が自動で始まり、準備完了できると下のようにデバイスが追加されます。

新しいキーボードであれば、おかしな入力がされることはありません。

keyboard on keyboard

見た目がちょっとごついですが、どちらのキーボードを押しても使えます。

コピペで頑張る

パスワードなど、短文なものはコピーアンドペーストで1文字ずつ入力するという手もあります。この場合、コピーもとの文字をどこからか参照する必要があります。以下はコピペ用の文字列ですので参考にしてください。

a b c d e f g h i j k l m 

n o p q r s t u v w x y z

1 2 3 4 5 6 7 8 9 0

再起動してしまっても大丈夫!

とっさに再起動してしまったという場合も、スクリーンキーボードは出すことができます。ログイン画面で、画面の端にあるメニューから選びましょう。

時計のような形のメニューからスクリーンキーボードを出すことができます。出した後は上の方法と同じです。

まとめ

水をキーボードにこぼしてしまった時の対処法について詳しく説明しました。普段から予備のキーボードをつないでみるともしもの時にも安心です。

おすすめ