一瞬で嫌いな食べ物を食べる方法!鼻をつまむだけ!道具や技術いらず!

Pocket

食事をしていると、嫌いな食べ物は食べなければならないというときがたまにあります。ここでは、嫌いな食べ物を食べる方法として、もっとも簡単で便利な方法を解説していきます。筆者も子供のころから愛用している方法です。

\広告の表示・閲覧ありがとうございます!モチベ爆上がりします!/

嫌いな食べ物を食べる方法!道具や技術もなし

嫌いな食べ物はだれしも一つや二つあるとは思いますが、これらをどうしても食べなければならないというときはあると思います。

例えば、健康上の理由から食べなければならない時や、食事の席などで出されたときなどでしょう。また、後述もしますが、嫌いな食べ物を子供などに食べさせなければならないという状況もあるでしょう。

ここでは、嫌いな食べ物を食べる必要があるときの解決方法を述べていきます。

嫌いな食べ物を食べる方法や、克服する方法などについて調べてみても、この方法はトップページの方には出てこなかったので、意外と知られていないのかなとも思います。

道具や技術もいらず、一瞬でできるので、かなり役に立ちます。

用意するものはいりませんが、しいて言えば水があると便利です。

鼻をつまんで食べると味がしなくなる

嫌いな食べものを食べる方法としてもっとも簡単なのが、「鼻をつまんで食べる」という方法です。

嫌いな食べ物を口に入れる瞬間から、飲み込むまで、ずっと鼻をつまんで食べると、嫌いなものでも味がしなくなります。

飲み込んだ後には、飲み水などを飲んで流し込んでしまうのがおすすめです。あるいは、数回口で呼吸すると残っている味を消すことができます。

慣れれば、鼻をつままなくとも、「飲み込んだ後まで鼻で呼吸するのをやめる」という方法で味を消して食べることが可能です。

もっと確実に味を消すコツ

もっと確実に味を消すには、飲み水ではなく味の付いたジュースなどで流し込むと確実です。

こうすることで、残っている味がジュースの味に上書きされるので、嫌いな食べ物の味が一切残りません。

嫌いなものを食べさせる時にも使える

ここまでの方法は、老若男女すべてに使える方法です。

つまり、嫌いな食べ物を食べさせるというときでも、鼻をつまんで食べさせるという方法を使うことで、食べさせることが可能になります。

こうして食べられるという経験を積んでいけば、嫌いな食べ物の克服もできるきっかけとしても使えるでしょう。

なぜ味がしなくなるのか?

鼻をつまむとなぜ味がしなくなるのでしょうか?

これは、人間が味を感じる要素であるオルソネーザル・レトロネーザルという匂いと味の関係を知ることで解説できます。

ポイントはオルソネーザル・レトロネーザルを消すこと

オルソネーザルというのは、「たち香」などとも呼ばれ、空気中から鼻に入ってかおる香りのことです。

嫌いな食べ物のオルソネーザルを遮断すると、口に入れる前の抵抗感をなくすことができます。

反対にレトロネーザルというのは、「あと香」などとも呼ばれ、食道から咽頭などをつたって体の内側から登ってくる香りのことです。

鼻をつまんでレトロネーザルも遮断すると、嫌いなものの味が後味として感じるのを防ぐことができます。

そして、オルソネーザルもレトロネーザルも味を感じる原因として想像以上に大きな役割を持っています。

もちろん舌についている味覚も重要なのですが、においの部分を遮断すると味の要素を大きく削ることができます。

鼻をつまむと、この両者とも遮断することができるので、嫌いな食べ物でも味がしなくなり、食べられるというわけです。

まとめ

  • 嫌いな食べ物を食べる方法は簡単で、鼻をつまんで食べれば味がしなくなるので食べることができる。
  • 嫌いな食べ物を食べることができれば、克服にも役に立つ。
  • 仕組みとしては鼻をつまむことでオルソネーザル・レトロネーザルを遮断するとかなり味を感じにくくなるため。

小学生のころ、給食で嫌いな食べ物が出てきたらこの技をよく使っていたことを思い出します。また、友達にも伝授していたことが懐かしいです。

\広告の表示・閲覧ありがとうございます!モチベ爆上がりします!/
お役立ち
発明・発見 年表