【和訳】悪魔を憐れむ歌sympathy for the devilの歴史を年表に!

音楽
Pocket

ローリング・ストーンズ(rolling stones)の「悪魔を憐れむ歌(sympathy for the devil)」の歌詞の中には、悪魔が歴史上の出来事を騙る部分がいくつも出てくる。これがそれぞれ世界史のいつどこで起こったことなのか、年表にして解説する。

音源はYouTubeで聞けます。

\応援(広告表示・閲覧)ありがとうございます!/

悪魔を憐れむ歌 歌詞

必ずしも歴史順になっているわけではないが、まず、古代の出来事がくる。

キリストの磔刑

I was ‘round when Jesus Christ
Had his moment of doubt and pain
Made damn sure that Pilate
Washed his hands and sealed his fate

俺はイエス・キリストの苦難の時期にそばにいた
提督ピラトが彼を見限り、処刑を決定した時のことだ

sympathy for the devil

これはキリストの磔刑の前に、提督ピラトが処刑を決定したところを描写している。wash his handsは「~に見切りをつける」という意味である。

電撃戦

I rode a tank, held a general’s rank
When the Blitzkrieg raged and the bodies stank

俺は将軍として戦車を駆っていた
電撃戦が起こり、死体が腐臭を放っていた時のことだ

SYMPATHY FOR THE DEVIL

これは第二次世界大戦での電撃戦の様子を描写している。Blitzkriegが電撃戦という意味である。戦車が出てきているので、第二次世界大戦期であることがわかる。

ロマノフ王朝滅亡

I stuck around St. Petersburg
When I saw it was a time for a change
Killed the Czar and his ministers
Anastasia screamed in vain

俺はサンクトペテルブルクで暗躍した
ロシア革命で時代が移り変わった時のことだ
皇帝とその臣下を殺した
アナスタシアは断末魔をあげた

SYMPATHY FOR THE DEVIL

St. Petersburgはサンクトペテルブルクのことで、これはロマノフ王朝の崩壊(ロシア革命)のことを描写している。Czarはツァーリのことで、ロシア皇帝ロマノフ2世を示す。アナスタシアはその末娘で、ロシア革命で殺された。

百年戦争

I watched with glee while your kings and queens
Fought for ten decades for the gods they made

俺は狂喜しながら王や女王が戦争するのをみた
彼らが百年間、神の名のもとに戦争をした時のことだ

SYMPATHY FOR THE DEVIL

ディケイドは10年のことなので、10ディケイドで100年、つまり、これは100年戦争について描写している。彼らのつくった神、という話が出てくるが、100年戦争は基本的には領土の後継問題であった。

ケネディ暗殺

I shouted out, “Who killed the Kennedys?”
Well, after all, it was you and me

俺は叫んだ、「誰がケネディ兄弟を殺したんだ?」
まあ、実のところ、それは国民であり、俺だ

SYMPATHY FOR THE DEVIL

ケネディたち、となっているのは、レコーディング中にケネディの兄が暗殺されたニュースがメンバーにもたらされたから、という話がある。(後述)

ヒッピー殺害事件

And I laid traps for troubadours
Who get killed before they reach Bombay

俺はヒッピーどもに罠を仕掛けた
ボンベイにたどり着く前に死ぬように

SYMPATHY FOR THE DEVIL

これは世界史の出来事かというと微妙であるが、ヒッピーの旅行者を殺したCharles Shobrajという名前の連続殺人犯をあらわしている。彼はヒッピーに対する強い憎しみを持っており、犠牲者のほとんどは目的地がヒッピーの楽園であったボンベイへ行く途中であった。

悪魔を憐れむ歌 レコーディング記録

1968年6月4〜5日、8〜10日にレコーディングされた。

1968年6月6日:ロバート・ケネディ暗殺がこのときなので、ちょうどレコーディング期間中であることがわかる。

1968年12月6日:曲がリリースされた。

おすすめ