カバーされた回数が多い世界記録曲ランキングBest5【視聴可】

音楽
Pocket

カバーされた曲が多い数を、ランキング形式でまとめた。

しかしながら、記録の最上位だけを並べるとほぼビートルズのみのランキングになってしまうので、単純におおい数をならべるのではなく、ランク上位から新しいアーティストが出るたびにカウントしていく形式にした。

つまり、同時に各アーティストの楽曲の中でもっともカバーされたもののランキングでもある。

データ出典:https://stacker.com/stories/3975/most-covered-songs-all-time

\応援(広告表示・閲覧)ありがとうございます!/

イエスタデイ(1965):ビートルズ

カバーされた回数:422(わかっているだけで)

公式でも音源がきけます。

世界一カバーされたことのある楽曲としてもっとも有名である。実際の数が把握できておらず、422というのはわかっているだけでこの数字ということである。実際には、1000はくだらないであろうといわれている。

ほかのビートルズのおおくカバーされた有名曲は「something」がゆうめいで、これも数百に上る。これはジョージハリスンの傑作であるが、レノンマッカートニー作品と勘違いする人も多いとか。

ほかにはジョンレノン作の「come together」もおおくのアーティストにカバーされている。

清しこの夜(1935):ジョン・フリーマン・ヤング

カバーされた回数:254

Silent Night (John Freeman Young | Joseph Mohr)

最初はオーストリアの作曲家によって作られた曲だったようだ。1818年につくられた。このころはまだ録音技術は存在しない。

英語でのもとの題名は「silent night」であり、1935年のものが有名。ポピュラーソングというよりは一般的な歌謡として知られている。レコードに音楽が吹き込まれるようになってからさまざまな媒体でカバーされている。

サマータイム(1935):ヘレン・ジェプソン

カバーされた回数:243

音源を別タブで聞けます

ルイ・アームストロングなどのジャズミュージシャンによるカバーなども有名。

イマジン(1971):ジョンレノン

カバーされた回数:218

音源を別タブで聞けます

こちらもカバーされた回数が多い曲として有名である。また、オリンピックのたびに開会式などで流れる曲として有名である。4年おきにいろんなところでカバーされ続けるともいえる。

ホワイトクリスマス(1942):ビング・クロスビー

カバーされた回数:201

音源を別タブで聞けます

クリスマスソングとして戦中から有名。戦後のエルヴィスプレスリーのカバーも有名。

カバーされた楽曲が多いアーティストは?

カバーされた曲数は、やはりビートルズが圧倒的で、ランキング中でも四分の一程度を占める。そのあとに、エルヴィスプレスリー、フランクシナトラなどがつづく。やはり、ポピュラーソングの黎明期から活動しているアーティストは有利なようである。