【和訳】her majesty/Beatles当初のメドレー位置はここ!

音楽
Pocket

ハー・マジェスティはビートルズの名盤である「アビィロード」の最後を飾る「世界初の隠しトラック」ともいわれる楽曲である。本来はメドレーの中盤に位置していたが、諸事情ではずされた。これが元の位置にある音源がリリースされている。ビートルズ史上もっとも短い曲について、どこよりも長く解説をこころみる。

応援ありがとうございます

当初の配置のメドレーが公開されていた

メドレーの当初の姿

メドレーの途中にもともとハーマジェスティがあったことは知られていたものの、音源はぶー取れ具が流出したものしか存在していなかった。日本では、ニコニコ動画に音源と思われるものが聞くことができた。しかし、これについても「ファンがそれっぽくつないで再現したもの」という憶測もゼロではなかった。

THE BEATLES - HER MAJESTY (True Position)
THE BEATLES - HER MAJESTY (True Position) 詳細不明。このミックスでラッカー盤が作られた記述は無いんだが、確かにピタリと嵌っている。ポー...

公式音源

そんな幻のメドレーであるがしれっと公式から2019年に音源がリリースされていた。これは誰でも聞くことができるようになった。

The Long One (Comprising of ‘You Never Give Me Your Money’, ’Sun King’/’Mean Mr…

動画の概要欄には途中にハーマジェスティが追加されているが、タイトル自体は「ザ・ロングワン」となっていて、ハーマジェスティが途中にあることは若干わかりにくい。このため、見落としていた人も多いと思われる。

ニコニコのほうは本物か?

同時に再生してみると、曲の入りはぴったりあっているが、ポリシーンパンに入るのが微妙にずれている、ニコニコのほうはファンの作ったものか、また別の音源だったのかもしれない。

ハーマジェスティを含むメドレーの特徴

このメドレーのハーマジェスティも、もともとの音源と同じ、音が右から中央へ、そして左へ流れていく形になっている。暴投の音は、そのまま見ーんミスターマスタードの最後のおとそのままである。

メドレーは未完成の箇所が多く、完成版音源との違うところは、以下が顕著である。

・ユーネヴァーギブミーユアマネーのコーラスが目立っている。

・ポリーシンパンのあとのレノンの語り台詞が多く、目立っている。

・ゴールデンスランバーのボーカルが異なる。

・ジエンドのボーカルが収録されていない。(カラオケ状態)

などである。

和訳

たった23秒の曲である。ないようは女王陛下とよばれる(高飛車なのか?)女性を口説きたいといった内容の男の独白であることがわかる。

女王陛下はとてもかわいい娘。でも話すこともない。

女王陛下はとてもかわいい娘。でも日々気まぐれ。

「本当に好きだよ」って言いたいけど、ワインを浴びるほど飲まないと言えそうもないや。

でもいつかきっと僕のものにしてみせる。そう、いつか僕のものに。

ハーマジェスティの成り立ち

もともとはメドレーの一部に組み込まれていたが、エンジニアたちスタッフが切り取ることを主張し、はずされた。

しかし、レコード会社の以降はビートルズの音源は極力多く残しておくことだったため、一番最後に、空白をあけた跡にとりあえず、入れておいた。これで隠しトラックとしての立ち居地に収まった。

販売当初は、「女王陛下の呼び方を曲に使うのは失礼である」というような批判もあったようだが、一方で「ビートルズなりのジョーク」という見方もあったようである。

当初はアルバムにも曲名の記載はなかったが、CD音源以降のこんにちでは一番最後の曲として記載されている。