安部公房と三島由紀夫の対談の内容!三島は死を暗示していた?

その他
Pocket

安部公房と三島由紀夫は、言うまでもなく20世紀の日本を代表する作家であり、両者ともノーベル文学賞クラスの作品を世に送り出している。そんな彼らの対談が実現したことがあった。今回は、彼らの対談の様子を抜粋して探る。三島が死を意識したような個所があり、興味深い。

\広告表示・閲覧ありがとうございます!/

対談の実現!内容は?

1966年、 安部公房と三島由紀夫の本格的な対談がもたれる。以下、面白い部分の抜粋である。ただし、凡人には理解できないような(?)文脈もおおい。

性と文学

三島:性の問題だ、20世紀の文学は。

安部:あと、イメージの問題ではないか。

三島:それも突き詰めれば、セックスの問題になる。

安部:性は、隠されることで分離して露出したんじゃないか。

しょっぱなから性と文学についての議論を展開しており、安部公房も「はじめから性の話題と来たのでまごついた」ということを言っている。二人とも、性と文学とのかかわりについてはほぼ同意見らしい。

日本語について

安部:日本語の美しさとは?

三島:言語はコンベンショナルなものをつかうべき。

三島:セリフはアクションである。

安部:言語の行動制を回復しないと、文学は終わる。

このへんは日本語について、その性質について述べている。とくに、行動と関係のあることを議論しているが、文学者でもないと捉えにくい。

伝統について

三島:伝統の問題、伝統否定と伝統主義の喧嘩がある。

安部:科学の伝統は、メトーデを守ればよい。

三島:おれにはメトーデはない。

安部:君の伝統はメトーデだとはっきりした。

メトーデとは、言葉ではなく実物を知覚することで知識を得る方法のこと。それぞれの文学が言葉重視か、実物重視か、のようなことを議論しているが、意見は相反しているようだ。
この辺から、安部も一人称が「俺」になってきており、語りが盛り上げってきたのか心境の変化がうかがえる。

喧嘩別れ?

三島:俺が死ぬときに、最高理念を授かる。

安部:君、死ぬときに授かるのか。

三島:俺には無意識はない。

安部:変な冗談、結論がつかないな(笑)

三島:いいんだ、両方、喧嘩わかれでおしまい(笑)

これが最後の部分である。三島は死ぬときに最高理念を授かると言ったり、両方喧嘩わかれでおしまい、などといっているように、この時点で死を覚悟していたような、安部との対談は最後かのような雰囲気をだしている。

対談後

1970:いわゆる三島事件がおこる。三島由紀夫、自衛隊駐屯地で切腹自殺。・・・対談からわずか4年後のことである。

1993:安部公房、死去。

豆知識

・安部と三島が話したのはこれが最初で最後というわけではなく、これ以前も座談会などで数回顔を合わせているようである。

おすすめ