飛行機にしがみつき密航して成功する確率

Pocket

飛行機の車輪にしがみつくなどして、格納庫で飛行機に乗るシーンは映画などでお馴染みである。しかし、本当にうまくいくのだろうか?実際にやってみた人の統計データから、うまくいくのかを単純計算で割り出す。

Arnold Schwarzenegger in Commando (1985) Plane jump
これは格納庫から降りるシーンだが
応援ありがとうございます

飛行機で密航して助かる確率

密航に挑戦した人の人数と、一応、命を取り留めて生還したひとの人数は判明しているので、これらを単純にわりざんして確率を計算する。なお、データは旅客機の使用が普及した後のものであり、西暦としては1947年以降のデータである。

密航が成功する確率(1947年以降)
密航に挑戦した人:105人
生還した人:25人
よって成功する確率は約23.8%

計算すると、23.8%という結果になった。意外と生き残れるものなのかもしれない。

しかしながら、一命を取り留めたとしても、無傷や軽症ではすまないと思われる。下に述べるように、手足などの凍傷はほぼさけられない。よって、足の一本ぐらいは賃料と思って犠牲にするくらいの心積もりが必要だと思われる。

着陸用の車輪にしがみついて乗り込むのか

着陸用の車輪にしがみついて乗り込む、というケースは実際にあるらしい。もっとも、他の移動物体にくらべてスペースがせまい飛行機では、車輪格納庫か、荷物にまぎれるほかは密航の方法がないと思われる。

車輪格納庫に乗り込むには、格納されていく足にしがみついてしたからもぐりこむ方法化、整備用の入り口から乗り込むかしかないと思われるが、整備用の入り口は通路を知っていなければならず、そこへ行く途中に見つかる可能性が高いと思われる。

どういう場合が生き残りやすい?

密航から生還した人は、年が若いか、比較的、近距離低飛行のフライトだった場合に限られている。また、体は小さい方が狭い格納庫でも快適に足を延ばせるようだ。もっとも、格納庫の広さはどの会社の飛行機に乗るかにもよる。場合によっては、かなり狭い場合もある。

人体にどういう悪影響があるか?

酸欠

しがみつきによる密航では、酸欠が一番深刻な問題といってよい。酸素濃度が少しでも減ると、頭がもうろうとしてくるものである。飛行機ではそれ以上に濃度が減るので、最悪気絶からの死亡である。あの世への永遠のフライトになってしまう。

凍傷

酸欠とならんで怖いのは凍傷である。気温は氷点下まで下がるので、手足の指をうしなうことは覚悟しておいた方が良い。最悪、腕や足を丸ごと失うかもしれない。

おすすめ