東京オリンピック開会式に欠席・出席した有名人まとめ

Pocket

東京オリンピックは新型コロナのパンデミック中の開催であることもあり、開会式には欠席の選択をする有名人や政治家も多くなった。そのメンバーを欠席者・出席者べつにまとめた。海外の人物のみをリストアップしている。欠席の理由も十人十色で参考になる。

\応援(広告表示・閲覧)ありがとうございます!/

欠席者

多くの政治家や王族などVIPが欠席を発表した。

G7首脳

G7はほぼ軒並み欠席となった。

バイデン アメリカ大統領

開催をはっきりと否定もしないが、協力もしないという態度を数か月前の訪米時から示していたが、結局開会式には来ないことが大統領府から発表された。かわりに大統領夫人が参加することが決定した。出席者の項目も参照。

トルドー カナダ首相

G7回最後に会談し、こちらもはっきりと否定もしないが、協力もしない的な態度であったが、最終的に欠席することが決定された。無観客開催に合わせたものと報道されている。

その他の政治家・VIPなど

アン王女

オリンピック・パラリンピック委員会の理事を務めるなど、オリンピックと関係の深い人物であるが、欠席を発表した。日本国民の感情を考慮しての欠席と報じられている。

習近平 主席

東京オリンピックには開催支持を表明していたが、出席はしないことが発表された。かわりに副主席が出席することになった。

ムン・ジェイン 大統領

首脳会談での成果が見込めないとして、出席を見送ると発表した。

オードリー・タン氏

コロナウィルスのIT分野での対応で世界的に有名になった台湾の政治家であったが、日本の防疫体制に協力するため欠席を発表した。リモート出席などもしない模様。

引用:オードリー・タン氏ツイッターより

スタートレックでスポック船長がしている「長寿と繁栄を」の意味のハンドサインをしている。額縁のなかの合唱は「尊敬」をあらわすハンドサインと思われる。

欠席者が欠席を発表した日

バイデン大統領は6月中には欠席を発表していたが、それ以外は7月、とくに開催式前の一週間に集中しており、直前になるにつれて欠席者が増えているのがわかる。

出席者

G7関係者

ジル・バイデン 大統領夫人

バイデン大統領の欠席につき、出席が発表された。直前まで割と調整中などの引き伸ばし対応をしていたが、出席が確認された。

マクロン フランス大統領

2024年のパリ五輪の開催国であることもあってか、出席を表明した。

その他の政治家・VIPなど

バッハ会長

IOC会長。さすがにこの人は出席しないという選択肢はない物と思われる。

おすすめ