パルサーの発見者はヒューイッシュ?研究不正?

Pocket

パルサーの発見は、宇宙の観測の分野での有名な発見として知られており、これはノーベル賞も受賞している。この発見に携わったのはジョスリン。ベルとその指導教員であったヒューイッシュであったが、この関係が騒動を引き起こした。

応援ありがとうございます

パルサー発見の年表

もともとは、電波望遠鏡での観測データを集めるのが主目的だった。

1967電波望遠鏡の完成

なぞの光が見つかる

196710がつパルサーの発見かすかな光発見

この時点では、ヒューイッシュは光の正体はフレア星と予想していた。

11月には、記録計にきっちり15秒間隔で光が記録されていることが確認された。

この時点で、ヒューイッシュは、光源は人工的な光と断定した。

68年1月 パルスの二つ目の源を発見

ノーベル賞の受賞

パルサー発見、ネイチャーに載る。ベルは2番目に名前が掲載。一番目の著者は、ヒューイッシュとなった。

1974年にヒューイッシュに、ノーベル賞が贈られた。

ベルではなくヒューイッシュが名誉を受けたことが問題に

ノーベル賞をとるに値する発見であったが、ヒューイッシュが受けてことが揉め事を引き起こした。争点となったのは当然、「発見者はジョスリン・ベルであるので、ベルに名誉が渡ることが適切だったのではないか?」というものであった。これは他の研究者らも巻き込む騒動になった。

ヒューイッシュ自身のコメント

ヒューイッシュは批判を受けて、以下のようにコメントしている。

ジョスリンは有能だったが、自分に与えられた仕事をしただけ。ベルは光源に気づいたにすぎず、見過ごしていたなら彼女の怠慢である。

あくまで自分の功績というのがヒューイッシュの考えであることがわかる。

ほかの科学者の反応

ほかの科学者も批判したが、有名なのはホイルの批判である。

1975年に、宇宙論で有名なフレッドホイルは、この出来事を「スキャンダル」だと批判した。ホイルはもちろんベルに名誉が渡るのが適切、という意味で批判をしている。