YouTubeで縦長・スマホサイズの動画をフルスクリーンでみる方法!

Pocket

YouTubeで動画を見ているときに、縦長の動画にであうこともあります。これはスマートフォンやタブレットの画面をキャプチャーしたものがほとんどですが、これをノートパソコンでフルスクリーンで見る方法を解説します。

フルスクリーンにしても左右が余るのが気になるときに使えます。

\広告表示・閲覧ありがとうございます!/

AlT+Cntl+← で画面の向きをかえて解決!

ショートカットキーを使えばすぐできます。インストールなどはなくYouTubeが再生できれば大丈夫ですが、たまに画面の向きが変わらないタイプがあります(後述)。

画面の向きを変える

Altキーとcntlキーを押しながら矢印キーの←を押すと、もとの画面が左回転する形で画面が縦向きになります。

この状態で動画を再生し、フルスクリーンモードにすれば、縦長の動画を余すところなく大画面にできます。

このあとは若干シュールですがパソコンを縦に持つか置いて視聴すれば、大画面で視聴できます。デスクトップのディスプレイでも縦にできれば、縦長で視聴できます。

画質が気になるときには、設定から高画質モードを選びます。

マウスクリックで変える方法

なお、画面の向きは、デスクトップで右クリック→メニュー→画面の解像度を選択し、「画面の向き」を変更することでも変えられます。

タブレットモードつきのノートパソコン

このようなパソコンでは、画面の自動回転をオンにした状態でタブレットモードにし、パソコンを縦に持ってフルスクリーンにすると自動で縦長になります。

注意点

・画面の向きが変えられないタイプのパソコンもあります。その場合は、縦長にできません。ショートカットを押してなにも反応がなければ、できないと見てよいです。

・画面の向きを戻すショートカットは、alt+cntl+↑です。ちなみに、矢印のむきで別の方向で変わります。

まとめ

スマホのキャプチャー動画が単純にフルスクリーンするより大きくなるので、無駄なく大画面にしたいときにおすすめです。