【動画】ラーテルが最強なのはなぜ?天敵は意外なアレ?!

生物
Pocket

ラーテルは、哺乳類の中で最強の呼び声も高い動物として知られています。ここでは、ラーテルが最強なのはなぜなのかの理由と、ラーテルに天敵はいるのかなどを調査してみました。

\広告の表示・閲覧ありがとうございます!モチベ爆上がりします!/

ラーテルが最強なのはなぜなのか

ラーテルの強さは、動画でも確認できます。

例えば以下の動画では、対抗する相手のヒョウのほうが大きな動物であるにもかかわらず、追い払うことに成功しています。

Honey Badger Rescues Her Baby from Leopard

ヒョウでもかなわないということからラーテルの強さがわかりますね。

ラーテルが最強なのはなぜ?理由3つ!

ラーテルが最強の理由は、3つの理由が挙げられます。

一つ目は、分厚い皮膚によって、相手の攻撃が聞かないという防御装置を備えていることです。

これは固いだけで思い、というわけではなく、分厚い里柔軟性、伸縮性を兼ね備えているので、防御力をたもったまま俊敏な動きが可能です。

二つ目は、丈夫なかぎづめが4つの足全てについており、これで敵を攻撃することができるという点です。画像で見ても鋭い爪が伸びているのがわかります。

三つめは、毒に対する耐性が挙げられます。これは蛇を食することも深く関係していますが、コブラなどの毒に対する防御装置となることで、蛇に噛まれても死なないという強靭さを持っています。

なお余談ですが、ラーテルの英語名は「honey badger(ハニーバッジャー)」であり、これははちみつをとるもの、というような意味になります。

ハニーというかわいげのある名前とのギャップが面白いです。

ラーテルの天敵はいるのか

ラーテルは上で述べたように多数の対抗手段を持っていることから、「ラーテルには天敵らしい天敵がいない」という風に言われることもあります。

実際、幼い状態のラーテルなら捕食されることはありますが、成長するともはや敵なしともいえる強さを誇ることは事実です。

ですが、一応、ラーテルを捕食するような生物も存在します。

ラーテルの天敵はニシキヘビ

そんなラーテルの天敵は、ニシキヘビが該当します。

ニシキヘビはほぼ唯一ラーテルを捕食することが確認されている天敵です。

一方で、ラーテルもまた捕食者としてニシキヘビを捉えることも確認されています。つまり、両者ともに捕食者と日捕食者になりうるという関係です。

いずれにせよドローにまで持ち込めるということなのでラーテルがどれだけ強いかわかりますね。

まとめ

  • ラーテルは世界最強の哺乳類と呼ばれることもある動物。
  • 柔軟で分厚くかたい皮膚、毒に対する耐性など、防御力が強い。また、攻撃も鋭いかぎづめで攻撃することができる。
  • 攻守両面に対抗措置を備えているので、天敵がほぼおらず、ニシキヘビくらいしかラーテルを捕食しない。

ラーテルのことを詳しく知るのは初めてでしたが、自然界に対する順応性が高すぎますね。

\広告の表示・閲覧ありがとうございます!モチベ爆上がりします!/
生物
発明・発見 年表