光ファイバーの歴史

Pocket

古代エジプトから狼煙などで遠くから見える光を利用し、情報を遠くに伝えることは試みられていた。それをファイバーを使って伝える技術は19世紀以降、進歩してきた。最終的にはノーベル賞を受賞する発明となった。

応援ありがとうございます

年表

1854:ティンダル、全反射で水中をつたわる光の実験

1910:hondros debye誘電対ロッドで電磁波を伝える

1930:lambガラスファイバー

1959:kapany 2層ガラス

1960 :胃カメラの実用化

1966:Kao、ホックハム、不純物の利用による理論的な可能性の提唱

1970:コーニング社 cdv法で注目される

豆知識

・当初は、光ファイバーでは長距離伝送はできないと予想されていた。

・光ファイバーで映像を伝えようという実験も初期には試みられた。

おすすめ