YouTubeコメント欄でユーザー名を表示する方法!【拡張機能】

Pocket

YouTubeのコメント欄では、最近ではユーザー名が表示されず、ハンドルネームが表示される仕様になっています。これが煩雑だったり見分けにくいということがあるので、ここでは、ユーザー名を表示させる方法を解説していきます。

\広告の表示・閲覧ありがとうございます!モチベ爆上がりします!/

YouTubeコメント欄ではユーザー名が表示されなくなった

YouTubeのコメント欄では現在、コメントをした人を識別する名前として、「@user-〇〇〇」というように、ハンドル名(ハンドルネーム)が表示される仕様になっています。

このハンドルネームは@userから始まり、後半部分の文字の羅列は必ずアルファベットです。

以前はユーザー名が表示されており、日本語のユーザー名は日本語で表示されていました。

これはなりすましを予防する目的で作られたシステムのようです。

しかし、アルファベットだとローマ字表記や単なる羅列で読みにくかったり、人物識別がしにくいなどの問題もあります。

ライブチャットは現在でもユーザー名が表示される

現在でも、YouTubeのライブ配信中のチャット欄では、ユーザー名が表示されます。

つまり、ユーザー名と同じ人物がコメント欄にコメントした場合はハンドルネームになるので、これが識別しにくい原因の一つにもなっているとも言えます。(一応、円形のアイコンは変わらないのでそこに注目すれば識別はできますが。。。)

ここでは、表示をユーザー名に戻す方法を解説していきます。

YouTubeコメント欄でユーザー名を表示させる方法!拡張機能で解決

拡張機能を使うことですぐに元に戻すことができます。

使う拡張機能は、以下の「YouTubeコメント欄の名前を元に戻す」です。

Return YouTube Comment Username
This script replaces the "handle" in the YouTube comments section to user name

これをChromeに追加して、あとは見たい動画にアクセスするだけです。すでにアクセスしているときは、ページの再読み込みをします。

下の図は上にあげた図の再掲ですが、拡張機能をオンにした状態でコメント欄を見ると、表示される名前がユーザー名に戻っていることが確認できます。

返信のメンションもユーザー名が表示される

この拡張機能は、コメントされているものの横だけではなく、その下に返信が連なっている場合でも、ユーザー名の表示に戻ります。

上がオフの時の様子です。メンションの部分(アットマークを含めた青文字の部分)は、ハンドルネームになっています。下はオンの時の図で、ユーザー名が表示されていることがわかります。

このように返信機能には、人物を指定してつける機能がありますが、その部分もユーザー名に戻っていることがわかります。

まとめ

  • YouTubeのコメント欄では、現在ではユーザー名ではなくハンドルネームが表示される仕様になっている。
  • 拡張機能を使えばユーザー名の表示にすぐに戻すことが可能。

ユーザー名がアルファベットだけでなければもっと見やすいのかもしれませんが、現状では拡張機能を使うしかなさそうです。

\広告の表示・閲覧ありがとうございます!モチベ爆上がりします!/
動画
発明・発見 年表