エーテルが検出されたことがあった?!

Pocket

 マイケルソン・モーリーの実験で、エーテルは検出されなかったが、エーテルが検出されたという報告がされることもあった。その年表である。
 結局、測定されるべき値は検出されず、相対性理論の登場によりエーテルは否定された。

エーテル仮説
光の伝達に必要な媒質として考え出された物質。宇宙に静止しており、色も香りもせず触ることもできないものとされた。動いている地球から見るとエーテルの風が吹いていることになる 。
\広告表示・閲覧ありがとうございます!/

年表

1725:ブラッドリー、光行差現象の観測、エーテルが存在することの証拠とされた。

光行差現象
地球が動いているので、光は実際よりななめの方向からくるという現象。当時は光行差がエーテルの根拠とされた。

1881:マイケルソン、ベルリンで干渉計を使ってベルリンで実験、エーテルは検出されず。

干渉計。腕が2方向に伸びている

交通機関の振動のせいで失敗したのでは?

1887 :マイケルソン・モーリー実験、エーテル検出されず・・・クリーブランドの地下で行った。交通機関をすべて止めて行った。前回の10倍の精度だった。

マイケルソン:
実験失敗。エーテルはなかった。

部屋とともにエーテルが動いていたのでは?

エーテルが地球の自転で引きずられるのでは?

ローレンツ:
エーテルの影響で干渉計の腕の長さが縮んだせいだ。
(ローレンツの収縮仮説)

1904 :ミラーと実験、検出されず・・・丘の上で実験した。
1921 :ミラー、単独でウィルソン天文台で実験・・・エーテルを検出したと発表、しかし測定されるべき値の7%しかなかった。
同時期:追試が各地でおこなわれるも、確認されず。1932 :ケネディ=ソーンダイク実験。 ・・・干渉計の腕の長さを変えたが検出されなかった。ローレンツの収縮仮説も否定される。
20世紀:アインシュタインの相対性理論。エーテルはいらないので、間違った仮説と判定された。

1976:NASA U-2機でのエーテル測定、検出されたと主張
1986 シルバーツース エーテルを検出できたと主張
1988 マリノフ エーテルを検出できたと主張

豆知識

・現在、精度は当時の10万倍となっているが、それでも検出はされない。現在では、学生が実験で行うごく当たり前なものになっている。

おすすめ

考察

・エーテルの矛盾
エーテルは知覚できないのに、物質を縮めたり、引きずられたりするものとして解釈が変わっていった。この時点で、かなり無理があるものになってしまっている。