自動運転の歴史

Pocket

\広告の表示・閲覧ありがとうございます!モチベ爆上がりします!/

概要

大きな盛り上がりを見せている自動運転技術。実は発想自体はけっこう古くからある。

自動運転タクシーに乗ってみた

年表

1939:ゼネラルモーターズ、futuramaジオラマ

1950代:RCA、自動運転の研究スタート

1967通産省、テストコースを走行誘導ケーブル

1977:機械技研 知能自動車・・・マシンビジョン

1980なかば: ミュンヘンでvamors、マイクロバスの自動運転

1980後半:vampヨーロッパの自動車に適用

1997:カリフォルニアpathによる隊列走行、サンディエゴデモ

1998:IVI、自動運転の研究、アメリカの運転支援

2013:路線バス、カリフォルニアのバスの試用運転

1990から:スキポール空港のparksuule

1991:ASV、日本の自動運転プロジェクト

2011:大型トラック自動運転

2010代:Google自動運転2010だい、公道での実験

2010:日本、自動ブレーキの実装

2014:ダイムラー、アウトバーン自動運転トラック

豆知識

・1921にはドライバーレス・カーという発想が発表された。模型車両でリモコンで動く、センサは持たないので、自動運転の定義とは異なる。

・安全のための自動運転は、自動車会社の幹部が吹雪のフリーウェイでの事故のニュースから思い付いた。

\広告の表示・閲覧ありがとうございます!モチベ爆上がりします!/
機械
発明・発見 年表