ウォルトディズニーの墓の行き方!冷凍保存の驚愕の真相!

人物伝
Pocket

ウォルトディズニーは、日本でも知名度のあるディズニーブランドの創業者であり、ミッキーマウスの生みの親でもあります。彼の墓の場所、さらに遺体が冷凍保存されている都市伝説についてまとめました。

応援ありがとうございます

ウォルトディズニーの墓はここ!行き方は?

ウォルトディズニーの墓は現在でも存在しており、住所も公表されています。

ウォルトディズニーの墓の場所

墓は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州グレンデールにある 「フォレスト・ローン」という墓地に存在します。

英語でかくと「Forest Lawn Memorial Park」となります。

なお、ウォルトディズニーは火葬されているので、遺体が残っているわけではありません。

行き方としては、次のようになります。

まずは成田空港からロサンゼルス国際空港へ行きます。

そこから、3つの電車と地下鉄を乗り継いで、ユニオンステーションを経由する経路で墓所まで行くのが速いようです。

ウォルトディズニーが冷凍保存されたという都市伝説

ウォルトディズニーに関する都市伝説として、遺体が冷凍保存されていていまだに残っているというものがあります。

結論からいえばこれはデマです。経緯は以下のようになります。

公式な埋葬手続書類が存在するので、デマ

ディズニーの死後、すぐに遺体は埋葬の手続きがとられ、死去の2日ののちには火葬されて埋葬されました。

これを証明する埋葬にかんする公的な証明書が残されており、冷凍保存の噂を否定する論拠になっています。

初出はゴシップ雑誌

この噂がはじめてかたられるようになったのはゴシップ誌面だそうで、このことからも、信憑性の薄い都市伝説であると言えるでしょう。

冷凍保存技術の登場との齟齬

そもそも冷凍保存を人体に施して肉体を腐らないように置いておく、というのは、1960年代の半ばに登場した技術でした。

一応、ウォルトディズニーの生前の発見ではありますが、これをディズニーが知っていたかは明確な根拠がありません。

さらに、研究室で成功したとしても、一般人のお金持ちであってもその技術を使えるようになるにはタイムラグがあるため、ウォルトディズニーが冷凍保存ができた可能性はとても低いと言えるでしょう。

防腐処理されている指導者・有名人

冷凍保存ではなく、あくまで防腐処理というかたちになりますが、遺体がいまでもそのままの姿で保存されている事例は結構あります。

有名なのは、ロシア革命の指導者だったレーニンは死後防腐処理がほどこされ、レーニン廟に保存されています。