実在のエジソン・ノートとテスラ・ノートに書かれた発明と謎

人物伝
Pocket

おなじ発明家という経歴を持つエジソンとテスラは、ノートに大量のメモを残しており、そこには日々の発想が書き込まれている。それらのアイディアの中には、生きているうちには実現できなかったものも含まれる。それらについて解説する。

\応援(広告表示・閲覧)ありがとうございます!/

エジソン・ノート

エジソンは生前、500万ページを超えるメモを残した。下の図は、電球に関するスケッチとメモが書かれているページである。右上に、1886年3月18日、と日付が見える。

引用:http://edison.rutgers.edu/digital/document/N314003

エジソンはノートの取り方としてレオナルド・ダヴィンチを尊敬しまねしていたといわれている。ただし、絵はダヴィンチのものと比べて立体感がない概略図である。直線もまっすぐとは言えず、フリーハンド名感じである。素人から見た絵の感想としては、平面的な絵心(?)の持ち主だったようだ。

エジソンペーパープロジェクト

エジソンのノートに書かれていることをデータ化してまとめるプロジェクトが進んでおり、これはエジソンペーパープロジェクトと呼ばれている。:http://edison.rutgers.edu/index.htm

このプロジェクトは、30年以上行われている。エジソンペーパープロジェクトの拠点はラトガーズ大学である。目的は、ドキュメントのアーカイブを蓄積し、調査することである。また、学者や一般の人々にとってよりアクセスしやすくすることも目指しており、ウェブ上で見られるようにしている。

このプロジェクトが始まった1980年代当初は、ドキュメントをマイクロフィルムに載せることで蓄積していた。その後、これをスキャンしてオンラインで公開した。ドキュメントのスキャンは、19世紀に書かれた部分はほぼ完了している。

テスラ・ノート

エジソンのライバルだったニコラ・テスラにもノートが残されている。下図は、ウォーデンクリフにて建築されたウォーデンクリフ・タワー(無線送電の実験の拠点)に関してのメモである。

引用:https://teslauniverse.com/nikola-tesla/articles/rare-notes-tesla-wardenclyffe

こちらも絵は基本的な概略図といった感じである。テスラのノートの特徴は、一読しただけではよくわからない発想が多いことも特徴である。

テスラノートに残された謎

永久機関の設計?

テスラは永久機関と思しき発想をメモしている。

宇宙の回転運動に装置を接続すれば・・(略)・・惑星を軌道に乗せて回転させる力そのものが自分の機械を回転させる。

手すらであれば永久機関が不可能であることは知っていたであろうが、このような発言がテスラのなぞめいたイメージに影響を与えているものと考えられる。

戦争を終わらせるマシン?

晩年、第二次世界大戦が近づいている中で記者に語ったもの。一種の防御兵器を作ったらしい。

この防御兵器は、あらゆる国を、軍隊、飛行機、およびその他の攻撃手段に対して難攻不落にするでしょう。これ大きなプラントが必要ですが、それができれば、半径200マイル以内に近づいた人や機械を破壊することが可能になります。

電力によって近づくと電子装置が狂ったり破壊され足りする装置を模索していたようである。