デイジーリドリーの現在は?出演作はある?病気とは?

Pocket

スターウォーズのエピソード789で主演をつとめたデイジーリドリーさんの現在について調査しました。また、病気や出演作についても述べています。

応援ありがとうございます

デイジーリドリーの現在

スターウォーズの三部作以降、どのような経歴を歩んでいるのでしょうか?

デイジーリドリーはスターウォーズ:スカイウォーカーの夜明けにてレイとして登場しました。

この映画を最後に彼女はこの映画の後で再び彼女の役割を演じることは予定されていないと発表されています。

しかし、彼女は必要に応じてレイ役として復帰することに興味を示しているようなので、必ずしも卒業確定というわけではないようです。

デイジーリドリーの現在までの出演作

スターウォーズに出演したのちのデイジーリドリーの出演作は以下のようなものがあります。

2021年、パトリック・ネスのヤングアダルト小説を翻案した映画「カオスウォーキング」に出演しました。

この映画では、トムホランドさんと共演が実現しています。

ただし、興業収入や評価としては否定的な結果に終わったようです。

さらに最近では、ジャド・アパトウの最新映画「ザ・バブル」に、AIであるケイトとしてサプライズ出演しました。

こちらの映画についても、否定的な評価を受けてしまったようです。

今後はよい役にめぐまれ、ヒットも量産できると期待しましょう。

デイジーリドリーの病気?

デイジーリドリーについて検索すると予測候補には病気とでてきます。

これは、多嚢胞性卵巣症候群(pcos)という名称の病気です。

2016年、15歳のときに子宮内膜症と多嚢胞性卵巣症候群と診断されていたそうです。

多嚢胞性卵巣症候群とは?

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS )は、生殖年齢の女性がかかる可能性のある内分泌障害です。

この病気は、卵巣に形成される可特徴的な嚢胞にちなんで名付けられています。

症状としては、不規則な月経、重い月経、にきび、骨盤痛、などが発生する可能性があります。

実際、デイジーリドリーは、症状のにきびがでてしまい、このために、精神的に苦労したことをあかしています。

女優という、人に見られる職業でにきびというのはかなりつらかったと思われます。

スターウォーズ主演俳優のその後

ここでは、スターウォーズの主演俳優のその後についてまとめてみました。

マーク・ハミルのその後

スターウォーズの成功後、マークハミルはかなり苦労したことが有名です。

というのは、ルークスカイウォーカーとしての役割をつねにもとめられたからです。と非常に密接に彼を識別したことを発見しました。その後、彼は10代のアイドルになり、

1980年代には、型通りのキャストをさけようといくつかの映画に出演しますが、あまりヒットすることはありませんでした。

また、その後に声優としても活動の幅を広げようと模索しています。

有名な話では、 1983年の名作「アマデウス」にて、 ハミルはオーディションを受けましたが、映画のプロデューサーに「この映画にルークスカイウォーカーを入れたくない」といわれ、オーディションに落選しています。

ヘイデン・クリステンセンのその後

2006年から2007年にかけて、彼は映画「アウェイク」で主演しました。

クリステンセンは次に、2008年に映画「ジャンパー」でヒットにめぐまれます。この映画では、スターウォーズでも共演したサミュエルL.ジャクソンと再び共演しました。

もっとも、役回りとしては適役にサミュエルLジャクソンで、追跡されるという関係です。

テレポートができることを知った主人公のひとりとして活躍します。

まとめ

  • デイジーリドリーはレイ役のあと、いくつかの配役で出演している
  • 病気とは、pcosのこと
  • 今後、レイ役に復帰する可能性はゼロではない

スターウォーズのイメージがつきすぎて役者人生に苦労するということはないとよいですね。ヘイデンクリステンセンはうまくキャリアを構築しているので、そのようになると思われます。