聖火リレーのうるさい宣伝車問題まとめ

Pocket

聖火リレーが始まったが、スポンサーの宣伝車がうるさいという問題が持ち上がった。その問題点を時系列とともにまとめた。動画を再生するときは音量に注意しましょう。

東京オリンピック聖火リレースポンサー企業車列がランナーを盛り上げる! 福島県いわき市内 しずちゃん   Fukushima‐ken Tokyo Olympic Torch Relay
応援ありがとうございます

宣伝車の種類

赤い宣伝車は日本生命、あとはコカ・コーラも赤い宣伝車でパレードしている。緑色のものは地方銀行のもの。

時系列

騒音問題

2021年3月25:聖火リレー、福島を出発

翌日26日:聖火リレーの宣伝車の騒音が問題視される。

数日後:スポンサーがそれぞれコメントを発表

その他諸問題

2021年4月:聖火リレーテレビ中継にて、オリンピックに反対する人の声援が流れた直後に音声をカット、30秒ほど無音になる

4月:蔓延防止措置か大阪に出ているが、聖火リレーは大阪でおこなわれた。

4月後半:警備にあたっていた警官がコロナ感染と報じられる。

問題点

指摘されている問題点は以下の通り。しかし、事前に考えれば思いつくことは容易であったものと思われる。

騒音がはげしい

もっとも指摘されていたもんだがこの騒音問題である。宣伝カーのコマーシャルおよび上の台で盛り上げる人の音量がうるさくて、近所迷惑という指摘がおおく上がった。

聖火リレーが見えない

宣伝カーやその多くのまわりのスタッフや備品などが多すぎて、肝心の聖火リレーの走者や聖火トーチの炎がどこにいるのかよく見えない印象になってしまった。一見するとスポンサーのパレードのように見える。

感染症対策

新型コロナの影響で、沿道での密を避けるように指示が出ている。しかしながら、聖火リレーを見ようとすると当然の帰結だが密になってしまう。また、声援も出してはいけないのだが普通に声援や大声が出ており、飛沫が飛んでしまう。なお、当初は宣伝車輌のステージ上の人もマスクをつけていなかった。

イメージダウン

・オリンピックへのイメージダウン
このスポンサーの宣伝カーの問題で、オリンピックがアスリートファーストからスポンサーファーストという印象になってしまい、東京オリンピックに対するイメージダウンが考えられる。実際に「チンドン屋じみていて落胆した」という声がおおくあがってきている。

・スポンサーへのイメージダウン

スポンサーにたいしても、被災者や感染した人に対して悪い印象を与えてしまい、企業のイメージダウンにつながりかねない。

今後の対応

対応としては、騒音にならないないように音を小さくしたり、飛沫が飛ばないようにマスクをするなどが考えられるが、どこまで徹底されるのかは不明。

おすすめ

おすすめ