ヨーロッパ

英語解説

September~Decemberの略し方/覚え方!なぜ略し方がSept.?

英語で9月から12月は、語尾がにていることもあって覚えるのが少し大変です。ここでは、簡単な覚え方と、略し方について解説します。 また、英語の月がなぜSeptが7の意味であるにもかかわらず9月になったのかも解説します。 英語の月...
天文学

意外と知らない地動説の根拠を詳しく解説!

地動説が正しいことはいまや誰もが知っているが、その根拠や証拠は何かといわれれば意外と詰まる人も多いと思われる。ここでは、その根拠である「年周視差」について解説する。くわえて、年周視差の観測の歴史についても解説する。 年周視差について...
科学VS宗教

聖書にかかれた天動説の根拠を詳しく解説!

地球が宇宙の中心であるという天動説は、聖書の根拠があったとは知られているものの、その具体的な内容についてはあまり知られていない。これについて詳しく解説する。 実は天動説の根拠は直接は書いてない? 天動説の根拠となるような、例え...
数学

四色問題の立体版はなぜ考えられない?立体は2色で塗れる?

四色問題は平面幾何やグラフ理論の面白い問題であるが、これを立体にしたらどうなるか、というのも実は考案されている。しかし、あまり問題にはされない。その理由を詳しく解説する。 四色問題の立体版の歴史 立体版は、意外にも平面のオリジ...
科学VS宗教

熱的死とは?いつ起こる?なぜ否定された?エントロピーと宇宙の終末

19世紀末には熱力学が発展した。そこから宇宙の熱についてもさまざまな予想がたてられることになった。とくに、熱力学第2法則によって、かえって「世界の終末」へと人々の想像をかきたてた。 宇宙の熱的死(Heat Death)とは?なぜ否定...
物理

アインシュタインvsボーアの思考実験対決

アインシュタインはその人生で死ぬまで量子力学を認めなかった。そのための反論材料として、様々な思考実験を繰り返し提出している。そのなかにはスクリーンを使ったもの、時計を使った物など、いろいろ面白い。 これに逐一答えていったのがボーアで、基本...
その他

禁止マークの由来を解説!右上がりor右下がりどっちが正しい?

禁止マークは街中でも見かけるポピュラーなロゴ・標識・マークであり、これの由来についてまとめた。 禁止マークの由来は「NO」 禁止マークの由来は英単語の「NO」だといわれている。 これは、NとOの文字を重ねると ...
工学

エコール・ポリテクニークの天才たち-日本人研究者も!

技術者の養成学校として象徴的なエコール・ポリテクニークに関連する工学の歴史の年表。 年表 1780年代:モンジュ、海軍兵学校の教授に 同時期:クーロン、クーロンの法則 1786:ラザール・カルノー、「機械一般に関す...
数学

非ユークリッド幾何学の歴史を解説!-クラインモデルの解説!

ユークリッドの原論が出版されて以来の注目の的であった「平行線公準」。これを公準ではなく定理なのではないかと考え、ほかの公準から証明しようとする試みは、数世紀も続いた。しかしながら、別の幾何学が生まれるという意外な結末を迎えた。 非ユ...
工学

工学4大力学の難易度を検証!4力の歴史!

機械工学には基礎とされる力学が4つある。機械力学、材料力学、熱力学、流体力学である。これらを合わせて4大力学、あるいは4力という。この4つが整ったのが18世紀から19世紀にかけてのことであった。ここではその難易度を発達の歴史から評価してみ...
その他

古代の犯罪学の歴史-コンピュータに悪魔がついた?!

犯罪は古代から人間社会の抱える問題として存在したが、その研究の方法として犯罪学が誕生していくことになる。しかし、その誕生までには長い時間がかかった。この記事では犯罪学が発展する前の歴史を解説する。なお最近でも犯罪を悪魔の仕業とする言説が存...
物理

ブランス=ディッケ理論を詳しく解説!相対論より正しい理論?

相対性理論のあとに出てきた理論として有名なブランスディッケ理論について、簡単な内容と歴史的な流れを解説する。 ブランスディッケ理論の歴史 ブランスディッケ理論は、カール・ブランスとロバート・ディッケにより構築され、重力理論とし...
悪魔の発明

拷問処刑器具6:火責め・水責め編-ファラリスの牡牛、漏斗ほか

拷問な処刑には、火の熱や水のなかでは息ができないことを利用して行われたものも多かった。ここでは火責めや水責めに使われた拷問器具を解説する。 火責め 古来から行われていた方法である。呼吸困難や焼死によって死に至る。 ファラ...
悪魔の発明

拷問処刑器具5:拘束器具編-コウノトリ、聖エラスムスのベルト他

拷問器具には、長い時間の拘束によって苦痛を与えるものも古くから使われていた。見た目にはさほど苦しそうでもなく、実際に殺害までは目的にしていないものもあるが、死に至ることもあった。 全身の拘束 全身の拘束により、罪人はうごけなく...
悪魔の発明

007 world is not enoughの首絞め器具(ガロット)を解説!

「007ワールドイズノットイナフ」では、据わった上体でハンドルを締め上げていき、首を絞める拷問器具が登場する。これは、Garroteといわれる実在した機械である。ガロット、あるいはギャロットと音訳され、「座り式首絞め器」と訳される。この器...
悪魔の発明

拷問処刑器具4:鞭うち・粉砕刑編

処罰や拷問に使われる器具のうち有名なものとして、無知は定番である。ここでは、鞭うちや体の部位を粉砕する拷問器具について解説する。それらは、致命傷を与える目的というよりは苦痛を与えたり心理的に恐怖を与えるものが多かった。 鞭打ち刑 ...
悪魔の発明

拷問処刑器具3:さらし者編‐戒めのネックレス、樽刑ほか

さらし者にすることで、恥辱を与えて処罰をあたえたり再犯を防ぐという方法が用いられた。このための器具が多く開発された。基本的には肉体的な苦痛は与えず見た目もおどろおどろしくはないが、恥ずかしさはどれも一級品である。なかにはユーモラスなものも...
悪魔の発明

拷問処刑器具2:吊るし刑・車輪刑編-吊り籠、ユダの揺り籠ほか

ここでは吊るし刑と車輪刑に使われた拷問処刑器具について解説する。 吊るし刑 見せ物として吊るし上げるほか、拷問やそのまま処刑することにも用いられた。 吊り籠 18世紀まで、吊るし刑のための吊り籠はヨーロッパのさまざ...
悪魔の発明

拷問処刑器具1:異端・魔女編-クエマドロ、異端者のフォーク他

拷問や処刑に使われた器具のうち、異端審問や魔女狩りに使われたものをまとめた。基本的には、間違った信仰を自白させるもの、考えを曲げなかった異端者を処刑するものの2つの種類に分かれる。 異端審問 キリスト教の異端者に対して、改宗を...
永久機関

永久機関の歴史3:永久磁石、ペリグレヌスの永久機関

中世から近世になってくると、磁力の発見により、ずっと力を備えているもの(永久磁石)の存在が明らかとなった。当然、この性質を利用してこれらを永久機関に使おうとする活動が見られた。永久磁石はその性質から、車輪や水をつかうものよりは永久機関との...