リーナストーバルズの資産は?実はお金が嫌いではない?

人物伝
Pocket

リナックスの生みの親であり、フォーブスの表紙を飾ったこともあるリーナストーバルス。彼の資産などについて解説する。

応援ありがとうございます

リーナス・トーバルスの資産

資産については、以下のようなことが判明している。

リーナス・トーバルスの家

1998年の時点では、トーバルスは祖国のフィンランドをはなれてアメリカで暮らしている。

といっても豪邸を資産として持っているわけではなく、ごく普通の家に暮らしていて、有名になっても以前と変わらない暮らしをしているようである。

リナックスが有名になっても、それでお金を稼ごうとはしておらず、展示会などで講演などをしたときに謝礼をもらうくらいだが、それも大金ではなさそうといことである。

リーナス・トーバルスの家族

1998年の時点では、家族は妻と子供が二人という構成だった。

なお、妻はフィンランドでは空手のチャンピオンだったそうである。

また、隣の家の人も、トーバルスがフォーブスの表紙をかざったあとにも関わらず、トーバルスの家族についてよく知っているという風ではなかったらしい。

リーナス・トーバルスの人となり

トーバルスの人柄なども、資産には頓着しない雰囲気がつたわってくる。

フォーブス誌の表紙にのったことも

トーバルスはリナックスがブームになった1990年代ににわかに有名人となり、1997年7月にはフォーブス誌の表紙にのった。このあとにはマイクロソフトのビル・ゲイツに対抗する人物として注目された。

引用:https://www.timetoast.com/timelines/linus-torvalds

お金が嫌いなわけではない

彼自身は、お金が嫌いなわけではない、と公言しているようだ。

また、周囲のひとからは、目立つようなスピーカーではないが、静かなカリスマ性があると評されている。広い視野でものをみるのが得意で、プロジェクトマネージメントに秀でた性格であるらしい。

リナックスはいつから作っていた?

トーバルスは学生だった1991年からリナックスを作り始め、当初からインターネットでソースコードを公開していた。これが支持され、利用者もともに改良や拡張に手を貸していくことでリナックスとなっていった。

当初からお金を稼ぐ目的ではなく、自分のパソコンで動かせる実用的なものを作ろうというのが動機だった。参加者も、好きだからプログラムを作るというのが動機だった。