グーグルゲームクリケットの攻略法を解説!隠し要素も!コオロギとの関係は?【無料】

スポーツ
Pocket

googleが提供するdoodleには、クリケットのゲームもあります。ここでは、攻略方法を解説します。またこのゲームは隠し要素もあり、うまく遊べば隠し要素も見ることができます。また後半では、詳しくは知られていないクリケットのルールをわかりやすく解説します。

\広告表示・閲覧ありがとうございます!/

クリケットのgoogle無料ゲームのコツ・攻略法

googleのクリケットゲームは、ある程度簡略化されたクリケットのゲームとなっています。もっとも簡略化されたゲームとはいっても、試合終了が早まっているくらいで大きな改変はありません。

公式サイトは↓

Doodle Cricket
Welcome to the Doodle Cricket Game! Powered By Advance AI Algorithms. This is a game built for you the cricket fan! Every cricket lover can now have the most li...

攻略法はバットを連打

このゲームの攻略法はとても簡単です。

投手が投げる前から、連続で何度もクリックしてしまえば、よほどのことがない限りバットに当たります。

変化球を投げてくることがありますが、そこまで対応を変える必要はなく、振り続けていれば当たります。

当たらない範囲にまでボールを投げてくることはありません。

ただし、このゲームは一度でも打ち損ねるとウィケット(打者の横のポール)が倒されてゲームオーバーになりますので、気を付けましょう。

この点はgoogle野球ゲームでも同様の攻略法を示しました。

ホームランを打つコツ

ホームランをねらって打つことも慣れてくれば可能です。

下の図のように、投手が投げた球がバウンドして、はねたボールが一番高い位置に来たタイミングくらいで振ると、ホームランになりやすいです。

ゲームの隠し要素1.背景が夜に変わりコオロギが鳴き出す

このゲームは長時間遊ぶと面白いことができます。なんと、背景が時間経過によって夕方から夜になり、次第にコオロギの鳴き声を聞くことができます!

下は夕方です。

すぐに夜に変わります。

コツをつかんで長時間遊んでみましょう!天気の変化は何度か空振りになっても遊び続ければ見られるようです。

ゲームの隠し要素2.バッターがアヒルに変わる

もう一つの隠し要素として、バッターがアヒルに変わるというものがあります。

ポップアップされた画面でしばらく遊んで、空振りしてみます。それを×印でページ内の表示に戻すと、アヒルに変わるのです。

ポップアップを閉じると、以下のようになります。

このあと、ゲーム内で遊んで空振りするたびに、アヒルのバッターに切り替わります。

ゲームオーバーした時だけ残念そうな顔で出てくるのが面白いです。

クリケットの虫の意味はコオロギ

上ではスポーツのクリケット(cricket)について解説しましたが、クリケットはほかにも同じスペルで意味があります。

その中でも有名なのが「コオロギ」という意味です。この意味があるのでグーグルのゲームではコオロギがクリケットをプレイしていたわけですね。

他にもゲームの名称に使われることがあり、ダーツのルールの一つにクリケットという名前のものがあります。これは陣取りゲームのようなルールです。

クリケットのルールをわかりやすく

なんとなく野球に似ている、という印象がありますが、たしかに似ている部分もあります。

クリケットで使う道具

クリケットに必要な主な道具はクリケットボール、クリケットバット、ウィケットです。

ウィケットは走者が往復する際の目印になるものであると同時に、投手が狙うべき標的でもあります。

クリケットのルール

クリケットの試合はいかのような流れで行われます。

  • 1チームは11人で構成され、2チームで戦う。
  • 守備、攻撃はイニングごとに交代する。
  • 各イニングは規定の投球数を投げ終わるか、10アウトを取られたら終了。

イニングで攻守交替をとることやアウトで終了する点は野球に似ていますね。

得点の入り方

得点は次のように入ります。

  • 打者が投げられたボールを打ち、反対側のラインまで走る。往復してもよい。
  • ウィケットが倒されるよりも早く反対側に到達できれば1点はいる。往復できれば2点入る。
  • 打球がフィールドの境界線をゴロで越えたら4点、ノーバウンドで越えたら6点入る。

これは塁が本塁ともう一つしかない野球と考えれば似ていますね。

上の図が走って往復しているところです。

上の図はホームランで6点入った例です。

上の図はゴロで教会を超え、4点入った例です。

アウトの取り方

アウトは以下の取り方があります。

  • 投手が投げたボールがウィケットを倒した場合。
  • ノーバウンドで野手が打球をとった場合。
  • 打者が反対側のラインに到達する前に守備側の返球でボールをウィケットに当てた場合。

上の図は投球によってウィケットが倒れた例です。

一つ目は空振り三振、二つ目はフライ、3つ目は塁でアウトになる、という野球のルールに似ていますね。

まとめ

  • クリケットのルールは攻守交代があり、往復することで点が入る。ウィケットを倒すとアウトが取れる。
  • googleもミニゲームを作っており、今でも遊べる。
  • クリケットはほかにも、コオロギという意味がある。

前に紹介した野球ゲームより難易度的には簡単なので、ぜひ遊んでみてください。