歴史人物の最期の言葉【思想家・革命家編】ルソー,キング牧師,ゲバラ他

最後の言葉
Pocket

偉人や歴史人物の最期の言葉をまとめた。この記事では、思想家、革命家、教育者など、人々の知識の面に方針を与え、世界の潮流を作り出していった人々の最期の言葉を取り上げた。

なお、公式に確認できる最後のメッセージや、遺書の内容なども含みます。随時更新!

※図版出典はすべてwikimedia commonsより

\応援(広告表示・閲覧)ありがとうございます!/

思想家

ルソー

ジャン=ジャック・ルソー - Wikipedia

私の存在は彼の存在に結びつけられていた。彼は死んだ。

私が彼のあとを追う日も遠くあるまい。

郷里に戻った晩年のルソーに、ヴォルテールがなくなったという報がとどく。この時、発したのが上の言葉であり、この少し後の時期に、実際にルソーも死を迎えた。

マルクス

カール・マルクス - Wikipedia

最期の言葉なんてものは、生きてるうちに言いたいことを全部言わなかった馬鹿者が口にするものだ。

マルクスの残した皮肉に満ちた最期の言葉。これが最後の言葉というのが面白い。

ガンジー

マハトマ・ガンディー - Wikipedia

おお、神よ!

非暴力・不服従運動でインド独立への道筋を決定づけたが、宗教的な対立がもとで暗殺された。銃弾があたったあと上のように叫んで倒れこみ、死去した。

キング牧師

Martin Luther King's Last Speech: I've Been to the Mountaintop
I’ve been to the mountaintop

私は山頂にたどり着いたのだから

暗殺される前日のスピーチの中で、最も有名な部分。おなじ演説で、「他の人と同じように、私も長生きをしたかった」という意味深な発言も残している。

革命家

ダントン

ジョルジュ・ダントン - Wikipedia

俺の頭を後で民衆によく見せてやれ。これだけの頭は、滅多にないぞ!

ギロチンに連れて行かれる途中で、ロベスピエールに「次はお前の番だ」と叫んでいる。実際、数か月後にロベスピエールもギロチンで死去。

孫文

孫文 - Wikipedia

革命いまだ成らず

辛亥革命を成功に導いた孫文であったが、国内の混乱をおさめていく途上で死去した。

チェ・ゲバラ

チェ・ゲバラ - Wikipedia

私を殺しに来たのだろう。撃て、臆病者。

君は今から一人の男を殺すだけだ

キューバ革命後、世界各地の革命闘争に参加した。最終的にはボリビアで捕縛され、銃殺により処刑された。銃殺をためらう兵士に上のように呼びかけたと言われている。

教育者

クラーク博士(ウィリアム・スミス・クラーク)

ウィリアム・スミス・クラーク - Wikipedia

私の人生には誇るようなことは何もなかった。

それでも、札幌で過ごした時期を思い返すと心が慰められる。

日本で知られている「少年よ大志を抱け!」の印象からは想像できないほどにむなしげな臨終の言葉である。彼は帰国後、事業にいくつも失敗したことでさびしい晩年を過ごすことになった。

おすすめ