YouTubeの低評価を表示する方法!拡張機能の使い方!

動画
Pocket

拡張機能として、低評価と評価のしたの比率をあらわすバーが再び表示されます。拡張機能をオンにするだけですぐに表示されます。また、この拡張機能が使えなくなるのではという話もありますが、それについても紹介しています。

\広告表示・閲覧ありがとうございます!/

YouTubeの低評価が非表示になった

2021年11月に、低評価が表示されなくなりました。この影響はユーザにも動揺を与え、YouTuberなどもコメントを投稿するなどしています。

ただし、以下のような拡張機能を使うと、再び見られるようになります。また、無料でありとくに設定などの時間は必要ありません。chromeやfirefoxで使うことができます。

YouTubeの低評価を表示する方法!拡張機能をつかう

使用するのは「Return YouTube Dislike」という拡張機能です。

拡張機能「Return YouTube Dislike」

これは以下のクロームウェブストアで取得できます。

Return YouTube Dislike
低評価を表示する機能を復元

この拡張機能をつかえば、サンプルのとおり再び低評価が表示されます。

右上の青いボタンをおして、クロームに追加します。

再読み込みすれば即時に表示!

拡張機能をONになっていれば、YouTubeの動画をリロードすればただちに表示されます。

一度表示されれば、次の動画からは自動で表示になります。

そのうち使えなくなる?

この拡張機能は、YouTube運営の方針には反するため、拡張機能にデータを渡さないようにシステムを変更するなどして、そのうち使えなくなるのではないかという可能性も指摘されています。しかしながら、公開されてからやく1ヶ月たってもまだ使用は可能なので、今後もまだつかえると考えてよいでしょう。バージョンも2まで更新されています。

まとめ

Return Youtube dislikeの使い方を解説しました。生存確認は定期的に行う必要がありそうですが、定評かも見たいという人にはおすすめです。