バズライトイヤー(映画)のネタバレ・感想・評価は?家族で楽しめる映画!

Pocket

トイ・ストーリーの登場人物バズに焦点をあてたスピンオフ映画である「バスライトイヤー」のネタバレ、感想、評価をまとめました。

\応援ありがとうございます!/

バズライトイヤー ネタバレ

「バズ・ライトイヤー」日本版本予告 7月1日(金)公開!

「バズライトイヤー」は、バズの人形のモデルとなる登場人物バズライトイヤーが、宇宙を部隊に冒険を繰り広げるという内容の作品です。

映画の内容

「バズライトイヤー」の内容は、以下のような起承転結の物語です。

スペースレンジャー部隊のバズライトイヤーと、彼の指揮官であり親友であるアリーシャは、居住可能な惑星を探索します。彼らは、惑星に敵対的な生命がいることを発見した後、バズたちは探査船に後退することになりますが、船に損傷が起こってしまい、スペースコロニーで修理しつつ生還を目指します。

その間に、バズはハイパースペース燃料のテストもおこない、相対性理論の時間の遅れにより、62年以上が経過します。この間、コロニーは発達します。さらに燃料の組成を改善し、バズはこの新しい燃料組成を使用して超空間テストを成功させます。

しかしその間に、宿敵ザーグにより占領されてしまいました。これを受けて、バズは進入を食い止めることを仲間たちと計画します。

その後、時間の遅れなどを利用してザーグが来る前の惑星に到着し、占領を未然に防ぐことに成功します。

直後に、燃料の爆発を利用することによりザーグも爆発させ、倒します。このあと、バズは命令違反により逮捕されますが許され、スペースレンジャー部隊に復帰します。

バズライトイヤー 感想・評価

感想や評価はどのようなものがあるか、よい評価、悪い評価ともにまとめてみます。

レビューサイトの評価

Rotten tomatoesでは、以下のような結果になっています。

引用:rotten tomatoes

7割から8割くらいの観客および評論家が、この映画を肯定的に評価していることがわかります。観客のレビューを見ると、七割くらいは内容を楽しめたといっていることが伺えます。また、家族で楽しめる点が評価を上げているようです。

IMDbでは、以下のような結果になっています。

引用:IMDb

5割くらいの観客が、この映画を肯定的に評価していることがわかります。観客のレビューを見ると、半々くらいは内容を楽しめたといっていることが伺えます。

バスライトイヤーの名前の由来

バズ・ライトイヤーのバズとは、アポロ11号で月に降り立った宇宙飛行士、バズ・オルドリンからとられたことが知られています。

実は宇宙開発と関係があったのは面白いです。

まとめ

  • バズライトイヤーのスピンオフとして、劇中の映画の内容を追体験できる
  • 評価は5割から7割以上が面白いという結構よい評価

トイ・ストーリーのシリーズは息が長いですが、今後は各キャラクターのスピンオフが続いていくという流れでしょうか。