ブラックジャック(武器)について詳しく解説!歴史・語源は?

軍事
Pocket

砂を使った武器として有名なブラックジャックの歴史を年表でまとめた。

\広告表示・閲覧ありがとうございます!/

年表

19世紀後半 :フランスあるいはドイツで作られるこの時は棍棒の先端に革をかぶせたもの

19世紀末:鉄くずや鉛玉を皮袋の中に詰め、しなるようにした。・・・打撃面積が大きくなる

その後、コインをいれた例もあった

コインを入れるタイプ

1889:ブラックジャックという言葉が初めて使用される。

19世紀末~20世紀:砂を詰めるブラックジャックが誕生

20世紀:革の袋が縮むようになっていて、振ると飛び出すようなものが現れる。携帯用。

アメリカのギャングが使い始める。ナイフと同等の危険な武器とみなされるようになる

鉛の水道管にゴムの覆いがついたものが登場。あらかじめ用意した凶器としてみなされないようにした。

20世紀:ハンドルの内側に柔軟なバネが付いた、革で作られたデザインが登場

語源は?

語源は不明な点が多く、よくわかっていないが、タールでコーティングされた黒い革袋のことをジャグ(jug)といっていたらしいので、色味なども含めて、そこから転じてブラックジャックになったと考えるのが自然と思われる。

脳におこる損傷

ブラックジャックでは、外相が少ない割に頭や脳に損傷が起こるが、具体的には脳震盪が挙げられる。あるいは脳挫傷、頭蓋骨骨折など。死に至らなくても、記憶喪失や視野の欠損などの後遺症を起こすことも大きなダメージになりうる。致命傷や深刻な例になるばあいは陥没骨折、脳内出血など。

ブラックジャックで撃たれる他の場所は手首安値などがあったようで、いずれも骨折などが起こりうる場所である。

フィクションでの取り扱い

フィクションでは、鈍器としてブラックジャックが登場することもある。また、推理小説の犯人が用いる狂気として使用される。この場合は隠しやすい凶器を使うことで捜査をかく乱して、つかまりにくくするためである。袋状のものと砂状のものがあれば作れる。

豆知識

・警察が拷問用に使った例もあったとされる。

おすすめ