【2022最新】グーグルルービックキューブを今プレイできる裏技!【google doodle】

ゲーム
Pocket

グーグルのトップ画面のイースターエッグ(おあそび)要素としてルービックキューブ2014年ごろにルービックキューブが実装されていました。これは、今でも遊ぶちょっとした裏技があります。ここでは、それを解説します。

\広告表示・閲覧ありがとうございます!/

グーグルのルービックキューブ【google doodle】

google doodleのルービックキューブは、ルービックキューブがグーグルのホーム画面で遊べた、というものです。

何もしないと、ルービックキューブがランダムに回転しているだけですが、クリックするとクリックのドラッグ動作でユーザーが回転させることもでき、6面そろえるということもできました。

これは1日だけの期間限定だったということもあり、現在はホーム画面からは遊べません。

ルービックキューブが実装された時の様子

当時の様子は、動画で確認できます。

ドラッグで任意の列を回転できている様子が見て取れます。

GOOGLE DOODLE RUBIK'S CUBE

また、キーボードでも回転の配置が割り当てられており、その動きによっても動作させることができます。

Google Doodle Rubik's Cube SpeedRun:10 seconds

この動画によると、キューブの崩れ方は毎回同じだったようです。

動くバージョンは公式で確認できるが・・・

静止画ではなく、キューブが勝手に動いている様子を見るには、doodleの公式サイトから検索するといまでも確認できます。

公式ページはこちら↓

https://www.google.com/doodles/rubiks-cube?hl=ja

しかし、「インタラクティブバージョンを遊ぶにはここをクリック(Click here for the interactive version!)」を押したとしても、ページはありませんという表示が出るだけで、実際にルービックキューブを遊ぶことはできません。

おそらく、ウェブの進歩などの都合でバージョンアップをしなくなったのだと思われますが、面白い企画だっただけに非常に残念ですね。

過去のページがみられるインターネットウェブアーカイブでも見てみましたが、現在ではここでも遊べないようです。

では、ルービックキューブはもうできないのか?というとそんなことはありません。その方法を下で解説します。

今でもルービックキューブを遊ぶ裏技!

ルービックキューブを現在でも遊ぶ方法は、ルービックキューブの公式サイトに行って、無料で遊べるページにアクセスすることです。

こちらのページでできます↓

Rubik's Cube - Play, Solve, Learn, Time
Play with the Rubik's Cube simulator, calculate the solution with the online solver, learn the easiest solution and measure your times.

ルービックキューブページの遊び方

このページでは、ルービックキューブで遊ぶのに必要な要素のすべてが収められているといってもよいでしょう。

スクランブルと書かれているボタンを押せば、すぐに崩すことができます。この崩し方は毎回異なっており、何度でも楽しめます。

このページでは、普通に遊ぶだけではなく、攻略方法を学ぶこともできます。

原文は英語ですが、ページ自体アドレスバーの翻訳ボタンか右クリックから日本語に翻訳できますよ。

まとめ

  • 2014年に一日限定でルービックキューブがグーグルで遊べた。
  • 現在ではグーグル公式ではできないが、動く様子は確認できる。
  • ルービックキューブの公式ページでは遊ぶことができる。

ルービックキューブが遊べないと分かったときは残念だったものの、公式のページが見つかったので一安心しました。ルービックキューブで遊びたいが持っていない人はここで遊ぶとよいかもしれません。