初心者でも簡単!トランプタワーの作り方のコツ&ギネス世界記録!

ゲーム
Pocket

トランプタワーは、トランプで作れるピラミッド状の構造物です。ここでは、誰でもすぐに作れるトランプタワーのコツと、その世界記録をギネス記録を含めて調査してみました。実はコツを覚えれば、初心者でも意外と簡単に作ることができます。

\広告の表示・閲覧ありがとうございます!モチベ爆上がりします!/

トランプタワーの作り方のコツ!

トランプタワーは、ゲームではありませんがトランプをつかった遊びとして有名です。

誰でも、一度はチャレンジしたことがあるのではないでしょうか。一度でも途中が崩れると全体が崩壊するというスリルがありますが、その分完成した時の達成感はひとしおです。

さて、最初にズバリ、トランプタワーを作りうえでのコツを伝授します。

トランプタワーのコツは「2つの山と蓋」を同時に作ること

トランプタワー作る場合、やりがちなのが、

一つの山をつくる→その横にもう一つ作る→上に蓋(2段目の土台)をのせる

という方法です。 

これでもできなくはないのですが、経験があるかもしれませんがけっこう崩れやすいです。

もっとうまく作るコツは、図のように左手にひとつの山の頂点を持ち、右手にひとつの山の頂点と蓋になるカードを辺を持ち、これを合わせる、という方法です。

二つ同時に持つのは難しいと思うかもしれませんが、実は頂点を挟むように持てば簡単に取り扱うことができます。

こうすると、山ができると同時に、頂点をおさえる役割を上のカードが担うため、頂点がずれにくく、崩れにくくなるのです。

二段目以降も同じです。トランプを土台になりますが、山を二つ作ると同時に蓋をすることでずれにくくなるので、大きく崩れるのを防ぐことができます。

土台には布を敷いたほうが良い

トランプタワーを作るうえでの前提部分のコツにも触れておきます。

まず、根本の土台ですが、おそらく多くの人が机の上か床でトランプタワーを作るものと思われます。

このとき、テーブルクロスやじゅうたんなどの上で作るのが滑りにくく、安定します。

反対に、つるつるした素材の上にじかにトランプタワーを作るのは非常に難しいので、避けたほうが良いでしょう。

また、揺れやすい机は避けたほうが良いです。

トランプタワーの世界記録は?ギネス記録もある!

トランプタワーの世界記録は何段なのでしょうか?

一組のトランプで作れる高さは5段が最大ですが、2つ以上の組数を使えばもっと高く作ることが可能です。

これにはギネス世界記録になったものもあります。

トランプタワーの世界記録は、ブライアン・バーグ氏が2007年にテキサス州ダラスで制作したもので、高さ 7.86mにものぼります。

これには、1100組ものトランプを使用したようです。

タワーではない構造物も世界記録がある

トランプで作れるのはトランプタワーだけではありません。

つみ方を工夫することで、実在する建物をトランプで再現するという分野もあります。

これにも世界記録があり、『トランプで作った構造物のうち最大なもの』という分野が相当します。

最大のトランプ構造は、長さ 12.21 m、高さ 3.47 m 、幅 5.08 m で、インドの西ベンガル州コルカタのアルナブ・ダガ氏 によって達成されました。

Building The Largest Playing Card Structure – Guinness World Records

これには約 143,000 枚のトランプが使用されています。作られたのはコルカタの 4 つのランドマークで、 シャヒード ミナール、セント ポール大聖堂、ソルトレイク スタジアム、ライターズ ビルディングが含まれています。

まとめ

  • トランプタワーを作るコツは、両手でそれぞれに2枚のヤマト蓋になるカードを持っておき、それを合わせることで二つの山を同時に作ること。
  • トランプタワーのギネス世界記録は、7.86メートルの高さを持つタワーで、2007年に作られた。
  • さらに発展させて、トランプで作った世界最大の構造物という分野もある。

トランプタワーは何度も崩れるとあきらめてしまいがちですが、コツを覚えれば、イライラしないで簡単に組むことができます。

\広告の表示・閲覧ありがとうございます!モチベ爆上がりします!/
ゲーム
発明・発見 年表