チャドウィック・ボーズマンの死因は?闘病生活はいつから?

Pocket

11月に新作が公開される「ブラックパンサー」のシリーズでで主人公を演じた俳優のチャドウィック・ボーズマン氏は、若くして病死しています。彼の死因や闘病生活について解説します。また、同様の病にかかった有名人についても紹介します。

\広告表示・閲覧ありがとうございます!/

チャドウィック・ボーズマンの死因

チャドウィック・ボーズマンの死因は大腸がんということが判明しています。この診断がされたのは2016年、ボーズマンが39歳の時のことでした。

その4年後の2020年にロサンゼルスの自宅で43歳で死去しました。

ブラックパンサーのイメージから同映画が遺作と思われがちですが、この作品以降にも出演を重ねており、遺作は「マ・レイニーのブラックボトム」という映画でした。

この作品での演技から、ゴールデングローブ賞などを受賞しています。

大腸ガンはどのような症状がでる?

大腸ガンは文字通り、大腸にできるガンです。症状としては便通の変化や、体重減少が引き起こされます。女性より男性に多くみられることがわかっています。

チャドウィック・ボーズマンの闘病生活

ブラックパンサーの撮影中は、大腸がんであるということは公表されていませんでした。

撮影が終わった後に闘病中であることが公表されます。

診断されたときは大腸がんの進行具合はステージ3でしたが、その後進行してステージ4になっています。

この時期にとられたボーズマンの写真が残されていますが、撮影中の筋骨隆々な姿から一変してやせ細ってきているのがわかります。

引用:https://www.quora.com/Which-was-the-last-picture-or-video-of-Chadwick-Boseman-before-he-passed

また、死の直前にはひそかに婚約者と結婚していたことが明らかになっています。

その後、2020年にロサンゼルスの自宅で妻たち家族に見守られながら43歳で死去しました。

この死去が発表されると、ほかのマーベル俳優たちも反応し、ツイートは600万リツイートを超えるまでになりました。

大腸ガンが死因で亡くなった有名人

他にも大腸がんにかかった有名人が存在します。

オードリー・ヘップバーン

20世紀を代表する女優としてしられるオードリーヘップバーンも、大腸がんで亡くなった俳優として知られています。

晩年には、ユニセフの親善大使も務めていました。

闘病生活のすえ63歳で死去しています。

チャールズ・モンロー・シュルツ

シュルツは「ピーナッツ」の作者、つまりスヌーピーの生みの親として知られている漫画家です。

大腸がんがわかってから死去まではおよそ60日という早さでした。

まとめ

  • チャドウィック・ボーズマンの死因は大腸がんによるもの。
  • 闘病生活中も映画の出演はしていた。また、結婚も死の直前にしている。
  • 他に大腸がんで死去した人物としてはオードリーヘップバーンなどがいる。

もうスクリーンで彼の姿が見られないのはとても残念です。マーベルシリーズで受け継がれる意志に注目しましょう。